ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」 申込み受付中 ギャンブル依存症カウンセラー認定プロセス&援助職向けワークショップを大阪・横浜で開催
日付:2019/03/04
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す

ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【増刊号】2019年3月4日(月)

■╋■-----------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

『今後さらに必要とされる、ギャンブル等依存症者や家族への援助スキル』

ギャンブル等依存症ご本人やご家族に関わるお仕事をされている方、
将来、援助職を目指して学ばれている方、
ギャンブル等依存症についての知見を活かしたい方、
… ぜひ、この後の内容をご覧ください。


【大阪・横浜/ギャンブル依存症に特化したスキルを学ぶ】

『国際カウンセラー認定プロセス(3/30から計6日間)』
『援助職向けワークショップ(半日日程:3/29大阪、4/4横浜)』
・・・ただいま 参加申込み受付中です。
https://oneness-g.com/blog/archives/9378

ワンネスグループは、国内におけるギャンブル等依存症対策に寄与するため、
この春、米国から講師を招いて「国際カウンセラー認定プロセス」ならびに、
「ギャンブル等依存症 援助職向けワークショップ」を開催いたします。
※全ての日程で逐次通訳を行います。


講師は、依存症を含む問題ギャンブル対策の先進地といえる米国から、
35年の臨床経験を持つロリーン・ルーグル博士をお招きします。
(IGCCB:国際問題ギャンブルカウンセラー認定委員会代表、
前メリーランド大学医学部問題賭博センタープログラム・ディレクター)

年度末または年度初めの時期ですが、貴重な機会にぜひご参加ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【はじめに/IGCCBについて】

IGCCBは、ギャンブル依存症カウンセラーの国際資格認定組織で、
1984年に米国にてギャンブル依存症の研究者を中心に組織されました。

ギャンブル依存症の治療・回復支援について包括的にカバーした、
世界に類を見ないプログラムを開発しており、米国内だけではなくアジア、
ヨーロッパで同団体の資格認定プロセスを導入する国や地域が増えています。

資格認定には、ICGC(国際認定ギャンブルカウンセラー)I・IIの2種類、
そしてICGCを認定するプロセスの際にスーパービジョンを行う
BACC(委員会認定臨床コンサルタント)があります。

■IGCCB代表 ロリーン・ルーグル博士のインタビュー
動画はこちらからご覧いただけます → https://youtu.be/noE4gdmZfvg


IGCCBとワンネスグループは、2014年夏にパートナーシップを結び、
同年10月から国際資格導入のプロセス(第1期)を開始しました。

第1期では認定カウンセラー10名が誕生。
その後2017年9月に第2期のトレーニングを実施し約20名参加しました。
(第2期の試験は今年4月中旬実施予定)

■IGCCBの詳細とワンネスグループとのパートナーシップについては、
下記のURLからもご覧いただけます。https://oneness-g.com/igccb/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【国際問題ギャンブルカウンセラー認定プロセス について】


国内第3期を迎える国際問題ギャンブルカウンセラーの認定プロセス。
今回実施する、初級資格(ICGC-1)認定までのプロセスは以下のとおりです。

< 認定プロセスの概要 >
1)3月末から開催される座学によるトレーニング(6日間で計30時間)
2)座学トレーニング終了後にケースカンファレンスの時間(計4時間相当)。
3)これらの要件を満たした後に認定試験を実施
… 試験に合格すると資格の認定を受けられることになります。

※ 受講はどなたでも可能です。
※ 試験合格後の認定申請には実務経験など一定の要件があります。
受講ご検討の方はお問い合わせください。


< 初級資格(ICGC-1)座学トレーニング部分 概要 >
●日程:各日とも時間は午前10時から午後5時まで(昼食休憩等あり)
前半日程(ライブ講義:大阪/映像同時配信:横浜)
・・・3月30日(土)、31日(日)、4月1日(月)
後半日程(ライブ講義:横浜/映像同時配信:大阪)
・・・4月5日(金)、6日(土)、7日(日)

※すべての日程で逐次通訳があります。
※上記6日間全部を受講いただく必要がありますが、
平日にかかる2日間までの欠席については、後日DVD等にての補講対応が可能です。
※トレーニングの後の「ケースカンファレンス」の日程と、
「認定試験」の日程につきましては、受講者に後日ご連絡いたします。


●トレーニング会場
・大阪:ワンネスグループ大阪オフィスまたは近隣施設
・横浜:ワンネスグループ横浜オフィスまたは近隣施設
※詳細については受講者に直接お伝えします。

●参加費用:70,000円(税込)
※トレーニング(テキスト代含む)ならびにケースカンファレンス参加費用として。
※認定試験費用・合格時の登録料は含まれていません。
※本トレーニング受講者は、次にご紹介する「ギャンブル等依存症 援助職向けワークショップ」を無料で参加できます。

●定員:大阪会場15名/横浜会場15名

●申し込み方法:下記URLの申し込みフォームからお願いいたします。
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?userid=spjag&formid=207
※参加費の支払い方法や当日詳細については、申込者へ直接お伝えします。


■詳しい内容はこちらをご覧ください。
https://oneness-g.com/blog/archives/9378


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ギャンブル等依存症者 援助職向けワークショップ について】

『ありのままの自分を慈しむ』
〜ギャンブル等依存症の治療・回復支援におけるマインドフルなセルフ・コンパッション〜


< ワークショップの趣旨と内容 >
マインドフルなセルフ・コンパッション(SC/自分への慈しみ・思いやり)の実践が、
ギャンブル依存症(ギャンブル障害)のクライアントや周囲の人たちの回復を、
いかに支えられるかに焦点を当てます。

SCの実践が持つ経験的エビデンスを示し、SCの神経学的基盤にも触れます。
さらに、具体的なSCの実践方法を紹介し、動機付け面接法、認知行動療法、
12ステップなどの他の治療戦略とどのように組み合わせられるかを議論します。

また、カウンセラーのセルフケアとしてのSCについても話し合います。
米国における治療や回復支援の現状に触れる機会にもなるでしょう。
※ワークショップは逐次通訳が入ります。


< 参加によって得られること >
1. ギャンブル障害の治療におけるマインドフルなSCの効用を裏付ける研究を知ることができる。
2. SC、共感(エンパシー)、自尊感情の違いを識別できるようになる。
3. 回復を目指すギャンブル障害の当事者や周囲の人と一緒にできるSCの活用法を最低二つ習得できる。


< ワークショップ開催概要 >
●日程・会場

・大阪会場(定員50名)
日時:3月29日(金)13:30〜16:45(受付開始13:00)
会場:ATCホール B5会議室
(大阪市住之江区南港北2-1-10 アジア太平洋トレードセンター O’s棟南6階)

・横浜会場(定員50名)
日時:4月4日(木)13:30〜16:45(受付開始13:00)
会場:ウィリング横浜 研修室127
(横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー12階)


●参加費用 3,000円(税込)
※国際問題ギャンブルカウンセラー 認定プロセス受講者は無料

●申し込み方法 下記URLの申し込みフォームからお願いいたします。
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?userid=spjag&formid=206
※参加費の支払い方法や当日詳細については、申込者へ直接お伝えします。


■詳しい内容はこちらをご覧ください。
https://oneness-g.com/blog/archives/9378


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【講師のご紹介】ロリーン・ルーグル博士
IGCCB(国際問題ギャンブルカウンセラー認定委員会)代表

1984年より入院病棟・入所施設・外来診療の多様な場で、
問題ギャンブリングの治療と予防に携わる。

クリーブランド退役軍人省医療センターおよび
コネティカット州精神衛生・依存症サービス省などを経て現職。

また米国内外において問題ギャンブリングプログラムの諮問および研修を担当。
2017年6月末までメリーランド大学医学部問題賭博センタープログラム・ディレクターの職を務めた。

研究分野は治療効果、問題ギャンブラーにおける注意障害、
脳神経画像診断および薬物療法、ホームレスのギャンブラーの問題対処スキル、
問題ギャンブラーにおけるトラウマ、若年層におけるギャンブルその他のリスク行動など、
多岐にわたる。


■詳しい内容はこちらをご覧ください。
https://oneness-g.com/blog/archives/9378
■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■