ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:「依存症を知るメルマガ」 女性向け施設からのメッセージ/北海道・東北 依存症を知るセミナー情報
日付:2019/03/07
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------

依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す

ワンネスグループ メールマガジン
『マイナス10からプラス10へ』

【第175号】2019年3月7日(木)

■╋■-----------------------------

《参加受付中》ギャンブル等依存症対策の担い手になる
『 国際問題ギャンブルカウンセラー 認定プロセス 』
『 ギャンブル等依存症者 援助職向けワークショップ 』

詳しくはこちら → https://oneness-g.com/blog/archives/9378

□MENU―――――――――

1.《あいさつ》 ワンネスグループ副代表/フラワーガーデン代表
2.【お知らせ】 依存症を知るセミナー「北海道キャラバン」「東北キャラバン」情報
3.【レポート】 「忍耐」「粘り強さ」「愛情」の大切さ 〜フラワーガーデンのイチゴ農園ボランティア〜
4.《コラム》 ある利用者の成人式に思う。

-------------------------------------------------------

このメールは、ワンネスグループ関連のメルマガ登録をされた方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベント等に参加された方、
スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。
(配信停止・配信先アドレス変更ご希望の方は、文末をご覧ください)

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.《あいさつ》

梅の花が開花し、春の陽気を少しずつ感じるこの頃、
同時に花粉症でお悩みの方にとっては辛い時なのではと察しております。
皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

自らの白血病を公表した競泳の池江璃花子選手が、
先日Twitterで、「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、
自分に乗り越えられない壁はないと思っています」と気持ちを綴られていました。

そのメッセージを聞いた時に、鳥肌が立ちました。

「神様は、乗り越えられない壁は与えない」という言葉は、
依存症回復支援の世界、特にピアサポートのなかでよく耳にするからです。

はじめはこの言葉の意味が良く理解できませんでした。

依存症とは・・・人によりイメージは違うのかもしれません。
皆さんは依存症と聞いて、何を連想するでしょうか?

私は講演する際に来てくださった方へよく聞きます。
最近は「止めたくても止められない状態」という返答を頂くことが増えてきたのですが、
以前は「怖い、恐ろしい、どうしようもない人」であったり、
「犯罪者」、「厄介者」などという声を聞くこともありました。

何かに依存し続けることで、痛みや苦しみを直視できず、
向き合うのではなく感情を麻痺させ紛らわせてきました。

痛みや苦しみを感じた時、「乗り越えられない壁は与えられない」・・・と考えることができるだろうか。


痛みや苦しみを感じなくさせようとあがくのではなく、
事実を受け入れることができた時、大きな学びと成長を感じます。

どうしようもできない事ばかりにフォーカスを当てていたことに気付かされ、
何か出来ることはないかという方にフォーカスを当ててみようと思えるようになります。

「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています」

この言葉のメッセージはどのような影響を与えてくれるでしょうか。
皆さまにとって、気付きや学びのある一日となりますよう、お祈り申し上げます。


一般財団法人ワンネスグループ 副代表
フラワーガーデン 代表
オーバーヘイム容子

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◇◆ フラワーガーデン ホームページ ◆◇
http://www.f-garden-ag.org/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2.【お知らせ】

◆家族の関わり・回復のプロセスを分かり易く解説◆
依存症を知るセミナー「北海道キャラバン」「東北キャラバン」

ワンネスグループは、拠点以外の地域でも積極的に理解促進セミナーを開催。
北海道、東北、中国・四国の各地域は今年もキャラバンを行います!
(参加無料/セミナーのみ参加の場合は事前予約不要)

各会場とも同一内容で実施(担当スタッフは異なります)。
午前の部はご家族対象のセミナーとして
「家族が知りたい解決につながる3つのパターン」がテーマ。
午後の部は様々な立場の方にご参加いただけるセミナーで、
テーマは「依存脱却の道のり5つのプロセス」です。

午前・午後ともに終了後は個別相談に応じます(組数限定/要事前予約)。

情報が確定している4月の北海道、5月の東北についてご紹介します!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

《 依存症を知るセミナー 北海道キャラバン(2019春)》

【函館】4/19(金)
会場:函館市地域交流まちづくりセンター/会議室A

【室蘭】4/20(土)
会場:室蘭市文化センター(室ガス文化センター)/小会議室3号

【札幌】4/21(日)
会場:かでる2.7(北海道立道民活動センター) 
※午前の部920会議室 / 午後の部810B会議室

【稚内】4/22(月)
会場:キタカラKITAcolor/市民活動室

〔内容/全会場共通〕
(午前の部)10:30-11:30 家族向けセミナー
(午後の部)14:00-15:30 メインセミナー
※参加無料/セミナーのみ参加の場合事前予約不要
※各セミナー後に個別相談受付(4組限定/要事前予約)

◆セミナーのチラシはこちらからご覧頂けます。
http://oneness-g.com/pdf/hokkaido201904.pdf

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

《 依存症を知るセミナー 東北キャラバン(2019春)》

【新潟】5/24(金・祝)
会場:新潟県民会館/第3会議室 

【福島】5/25(土)
会場:福島テルサ/研修室すりかみ

【仙台】5/26(日)
会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)/第4会議室

〔内容/全会場共通〕
(午前の部)10:30-11:30 家族向けセミナー
(午後の部)14:00-15:30 メインセミナー
※参加無料/セミナーのみ参加の場合事前予約不要
※各セミナー後に個別相談受付(4組限定/要事前予約)

◆セミナーのチラシはこちらからご覧頂けます。
https://oneness-g.com/pdf/touhoku_seminer_2019


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

3.【レポート】

「忍耐」「粘り強さ」「愛情」の大切さ
〜 フラワーガーデンのイチゴ農園ボランティア 〜

定期更新している「ワンネスグループ活動ブログ」から記事のご紹介。
今回は、女性施設フラワーガーデンのイチゴ農園ボランティアの様子をレポートします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワンネスの里で昨年から始まったボランティア作業。
フラワーガーデンの仲間たちも週に1回、3,4人で参加させていただいています。

次の月になってイチゴを見にいくと、大きくなっていたり、
葉っぱの背丈がとても高くなっていたりと、作物は、言葉を発したり出来ないのですが、
その育った姿に感動を与えてもらえます。

自然の物ほど、わたしたちの思い通りにならない物は無いですが、
そこには「忍耐」や「粘り強さ」、そして「愛情」が必要。

依存症者のなかには丁寧に物事を行うことが苦手という人もいますが、
目の前にある時間を丁寧に扱うには、大切に目の前の事を見つめること。

「大事に思って丁寧に扱う」は、人に対しても、自分に対しても同じことでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

参加メンバーにとって発見や学ぶことが多いイチゴ農園のボランティア。
この場所にも、依存症脱却に必要な要素が沢山詰まっています。

◆ 今回の記事の詳しい内容は、下記のURLからご覧ください。
https://oneness-g.com/blog/archives/9407

◆ 過去の「ワンネスグループ活動ブログ」記事はこちらから。
https://oneness-g.com/blog/


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4.《コラム》

先日、フラワーガーデンのfacebookから発信された「成人式」の記事。

自身が二十歳を迎えた昨年は依存の影響により成人式ができなかった、ある利用者。

彼女からの思いを聞いた施設スタッフたちは、他の施設利用者の協力だけではなく、
橿原市更生保護女性会の皆さん、保護司の先生、保護観察官の方、
そして地域の美容師さんに支援してもらうなど、多くの人に祝ってもらいました。

髪を整え素敵な着物姿の彼女は、記念撮影の後、奈良の他施設にも挨拶に来てくれました。

依存脱却の奇跡、希望。
そして感じたのは、多くの人たちの支えのなかで出来る「場のもつ あたたかさ」でした。

そうだよね、自分が依存から脱却する瞬間に、心が動いた。震えた。
ジーンと暖かい感覚が身体を走った。

依存症からの回復支援は、理論、理屈だけじゃない。
理論、理屈の割合はさほど大きくないとさえ言える。

テキストベースで伝えても、それがその人の「核心」に届いているか?

大切なのは、想い、ふれあい、つながり、共鳴すること。
それが、施設を超え、地域の人にも拡がっていることがすばらしいと思います。

もちろん、一筋縄ではいかない。
生きづらさは長年培われてきてしまったもので、根が深い。

しかし、この「あたたかい場」に身をおく経験が、大きな一歩になるのです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■