ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第22号】
日付:2015/12/23
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第22号/女性支援特集】
■┛-------------------------------
2015年12月23日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、
ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>
**************************************
-------------------------------------------------------
女性の依存症回復、ご相談ください。
女性のための依存症治療共同体
フラワーガーデン
http://www.f-garden-ag.org/

生きづらさを抱える女性をサポートします。
-------------------------------------------------------

□MENU―――――――――
1. メッセージ 
2. 【レポート】12月5日開催 女性と依存症セミナー
3. 生きづらさを抱える女性のためのクローズドミーティングを開催します!
4. コラム「一年を振り返って」
-------------------------------------------------------
1.
★メッセージ★

年の瀬が迫り何かと慌ただしい季節ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
2015年はワンネスグループ設立10周年で、10月には東京でエリクソン・クライン博士と、ICCEのテイさん率いるチームをお迎えして、記念フォーラムを成功裏に執り行いました。
その「マイナス10からプラス10」のテーマ通り、2016年以降もポジティブな成長を継続させていきます。

引き続き格別のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

直近では、今月ルーカス・ダークス先生のソーシャルパノラマ・コンサルタント認定コースを開催しました。
こちらも多数の方のご参加を賜り、非常にレベルの高い講座となりました。今回が本邦初となったこの理論は、依存症回復支援に加え、日本人独特の人間関係の問題に極めて高い親和性を持っていると理解できました。

各地で寒波・積雪のニュースもお見受けします。時節柄、どうぞご自愛くださいますように。
そして、心さわやかに新年をお迎えになり、2016年も一層ご清祥の内に過ごされますようお祈り申し上げます。

一般財団法人ワンネスグループ
代表 矢澤祐史

************************************
2.
★【レポート】12月5日開催 女性と依存症セミナー★

去る12月5日、第1回女性と依存症セミナーが大阪市で開催されました。
薬物やアルコールなどの依存からの回復過程において、女性に顕著に見られる「共依存」をテーマに、
女性のための依存症回復施設フラワーガーデンを利用する女性メンバーの体験談を交えてお伝えしました。

共依存とは、自分と特定の人間との関係性に依存している状態のことを言います。

当日は、依存症の当事者だけではなく、医師や矯正施設職員など様々な方が訪れ、
「病気についての説明がよかった」「体験談によって共依存のことがよりよく分かった」などの感想をいただきました。
企画したスタッフも「周囲の方々にも依存症を知るきっかけになって欲しい」と意欲的です。

次回は3月19日(土)に、難波市民学習センター(大阪市)にて「摂食障害」をテーマに開催する予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。

************************************
3.
★生きづらさを抱える女性のための
クローズドミーティングを開催します!★

「苦しい」「つらい」「怖い」
「わかってもらえない」
「人の目が気になる」・・・。

依存症、うつ、DV、ネグレクト、ひきこもり、育児、介護、更年期、摂食障害、自傷行為など、
生きづらさを抱えている女性なら、どなたでもご参加いただける、クローズドミーティングを開催いたします。
生きづらさを声に出して分かち合うことで、共感や安心を得て、前向きに人生を歩んでみませんか?
もう、ひとりではありません。同じように傷つき悩む仲間がいます。
このミーティングでは、言いっぱなし、聞きっぱなし。
皆さんが安心して話ができる場所にするために、内容を外で話さないようにすることがたったひとつの大切なルールです。
だから「クローズドミーティング」。
お互いに生きづらさを分かち合い、自分の人生を歩むために、このミーティングをお役立てください。

◎女性クローズドミーティング
●日時:毎月2回 (月曜日) 13:30〜15:00
<直近の開催予定>
1月11日、25日
2月1日、29日
3月7日、21日
●場所:かしはらナビプラザ4Fオープンスペース
(〒634-0804 奈良県橿原市内膳町1-6-8)
●参加費:無料

▽お問合せ
ワンネスグループ FLOWER GARDEN(オーバーヘイム、井上)
TEL0744-22-5752 (月〜金曜10:00〜17:00)

************************************
4.
★コラム「一年を振り返って」★

今年一年を振り返ると、様々なことが思い出されます。
その中で個人的に衝撃を受けた出来事のひとつが、
「女のくせに!」「女は黙ってろ!」
と、ある日本の大企業で言われたことでした。

発言をされた方の、人となりの問題かもしれませんが、
21世紀の日本で、まさかこんなことを言われるとは…。
まだまだ女性を取り巻く環境には、差別・偏見が根強いのだと感じます。

こうした問題は、女性の依存症回復支援にも大きく影響を与えています。
「女性が依存症になるのは恥ずかしい」といった偏見を恐れ、
誰かに相談したり、専門的な治療を受けたりすることをためらう女性が多いのです。

ワンネスグループは、こうした問題にいち早く目を向け、女性の依存症回復支援に取り組んできました。
2014年には、日本で初めて治療共同体メソッドに基づいた女性のためのリハビリ施設「フラワーガーデン」を設立し、
女性が安心して回復を目指すことができる環境作りに力を注いでいます。
また、各地で女性の依存症についてセミナーや講演会などを積極的に行っています。

年齢も性別も、その人らしさの一部分に過ぎません。
自分らしさを取り戻し、マイナス10からプラス10の人生を歩むため、
偏見に臆することなく、前を向いて歩いていってほしい。
今年最後のメルマガ、そして女性特集号の結びとして、
すべての傷ついた女性へ、心からのエールを送りたいと思います。

WAKWAK

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■