ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第24号】
日付:2016/01/13
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第24号】
■┛-------------------------------
2015年1月13日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>
**************************************
-------------------------------------------------------
女性の依存症回復、ご相談ください。
女性のための依存症治療共同体
フラワーガーデン
http://www.f-garden-ag.org/

生きづらさを抱える女性をサポートします。
-------------------------------------------------------

□MENU―――――――――
1.あいさつ(SPJ沖縄代表より)
2. 依存症を知るセミナー特別編・奈良 「ワークショップ アミティから学ぶ」3回シリーズ開催
3. ワンネスグループフォーラム・大阪 「女性の依存症回復における『治療共同体』の役割」
4. コラム「生命の力」
-------------------------------------------------------
1.
★あいさつ(SPJ沖縄代表より)★
皆さんこんにちは。いよいよ2016年が始まりました。

私たちセレニティパークジャパン(SPJ)沖縄は、昨年に2カ所目の施設を始動させ、今年はさらなる飛躍の年にしたいと思っています。
今後は沖縄の地域に根ざした支援と啓発に、よりいっそう力を入れ、各福祉事業所との連携、沖縄県内の大学と連携して、
若年層の実態調査など様々な分野で活躍してまいります。9月には沖縄で1000人規模のフォーラムも開催を予定しております。
私自身、日々精進する中で、多くの方々に支えられ、貴重な体験をさせていただいております。ありがとうございます。

36歳になった去年9月、私の人生のビジョンが定まりました。
「今さら?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとっては好機だったと確信しております。

過去、自分の人生から逃げてしまいました。そして逃げることが当たり前になり、薬物依存が止まらなくなっていきました。
20年経った今でも、決して忘れることができません。もう、そんな生き方は絶対にしたくない。

たった一度の人生です。今、目の前にあることに全力を尽くし、自分を認めていく中で、生きた証を育て上げていきたいと思います。
不格好で泥臭いやり方かもしれません。私自身、まだまだ回復途上の依存症者でもあります。
けれど私ができる精一杯のことを行動で示していきますので、今後のセレニティパークジャパン沖縄と位田忠臣にどうぞご期待下さい。

セレニティパークジャパン沖縄代表
位田忠臣

************************************
2.
★依存症を知るセミナー特別編・奈良
「ワークショップ アミティから学ぶ」3回シリーズ開催 ★

ワンネスグループと交流の深い、世界的に有名なアメリカの依存症治療共同体「アミティ」スタッフが来日。
フラワーガーデンを中心にグループ各施設の共同体メソッド向上のため、現在、トレーニングを実施中です。

この機会に合わせ、「アミティから学ぶ」と題し、ワンネスグループでも取り入れている「治療共同体(TC)」プログラムについて
3回にわたってワークショップ形式のセミナーをお届けします。

「アミティ」とは、米国・アリゾナ州を拠点とする犯罪者やあらゆる依存症者の社会復帰を支援する非営利団体 です。
クライアントが共同生活をしながら回復の道を歩む「治療共同体(TC)型リハビリ施設」の草分けとして世界的に有名です。
「アミティ」とワンネスグループとは2010年8月のスタッフ研修を機に毎年交流を重ね、そのノウハウを積極的に取り
入れながら友好関係を築いてきました。

依存症でお困りのご本人や、ご家族はもちろんのこと、医療ソーシャルワーカー、行政のケースワーカーの皆様など、
依存症問題にかかわる皆さまのお越しをお待ちしております。

◎依存症を知るセミナー特別編「ワークショップ アミティから学ぶ」<3回シリーズ>

第1回「治療共同体(TC)を学ぶ」 【日時:2016年1月17日(日) 13:30〜16:00】
第2回 「回復支援プログラム(現場で実際に行われているプログラムの体験)」【日時:2016年1月23日(土) 13:30〜16:00】
第3回「家族・援助者向けプログラム(サポートの為のプログラムの体験)」【日時:2016年1月30日(土) 13:30〜16:00】

[各回共通]
●場所:奈良弁護士会館 3階会議室 (奈良市中筋町22-1)
●参加費:無料
●定 員:50名(事前申し込み不要)
●後 援:奈良県奈良弁護士会
▽詳しくはこちら
http://oneness-g.com/semi_amity/

************************************
3.
★ワンネスグループフォーラム・大阪
「女性の依存症回復における『治療共同体』の役割」★

アメリカの依存症治療共同体「アミティ」スタッフの来日に合わせ、大阪でもフォーラムを開催致します。
本フォーラムでは「アミティ」の女性向け外来施設でデモンストレータを務めているララニー・ペットウェイ氏を迎え、
アミティにおける治療共同体の取組みや効果について講演いただくほか、
ワンネスグループの女性のための治療共同体「フラワーガーデン」施設長、オーバーヘイム容子から活動報告をさせていただきます。
また、アミティとワンネスグループの連携についてもご報告いたします。

◎ワンネスグループフォーラム・大阪「女性の依存症回復における『治療共同体』の役割」
●後援:法務省
●日時:2016年2月3日(水) 13:00〜16:30
●場所:ドーンセンター特別会議室 (大阪市中央区大手前1-3-49)
●参加費:無料
●定 員:50名(事前申し込み不要)

▽詳しくはこちら
http://oneness-g.com/semi_amity/

************************************
4.
★コラム「言語を超えて身体を揺さぶる」★

最近、トレイルランニングを始めました。
「何が楽しくて、山を走るの?」と、ずっと思っていたのですが、
やってみたら、驚くほど気持ちがいい!
自然相手の予測不能な条件に対応するため、
かつて人間が獲物を追いかけていた頃に使っていたであろう、反射神経や瞬間的な判断といった
本来の力が呼び覚まされていくような感覚なのです。

さて、2月に開催を予定しておりましたブラッドフォード・キーニー博士、ヒラリー・キーニー博士夫妻のワークショップが
ブラッドフォード・キーニー博士の体調不良により延期されました。
日程は、博士の回復を見ながら、改めてお知らせさせていただきます。
楽しみにして下さっていた方には、大変申し訳ありませんでした。

キーニー博士夫妻のワークは、「セイクリッド・エクスタティクス」と呼ばれ、
古代の癒しの知恵を、現代の癒し・回復のプログラムに応用し、
音楽やダンスを用いたクリエイティブな実践で、言語を超えて、自らの魂、スピリットに直接関わり共鳴させる手法です。
自分自身に本来備わる「生命の力」につながっていくためには、一度、知識や言語から離れて、
全身をもって自らの存在を揺さぶっていくことが必要なのですね。
キーニー博士の1日も早い回復を願い、来日される日を心待ちにしております。

wakwak

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■