ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第33号】
日付:2016/03/16
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第33号】
■┛-------------------------------
2016年3月16日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>
**************************************
-------------------------------------------------------
★ワンネスプレイス
沖縄の自然に抱かれた安心の空間。
依存症リカバリーセンター ワンネスプレイス沖縄
http://place.oneness-g.com/

完全プライベート、あなただけの回復の物語を。
-------------------------------------------------------
■LINE公式アカウント開設!!
「@oneness-g」でID検索を!
お友だちでつながりましょう。

メッセージの送信可能です!

□MENU―――――――――
1. あいさつ(フラワーガーデン代表)
2. 大阪の街にワンネスのメッセージが響いた!(3/13イベント報告) 
3.〜世界の専門家と手を組んで〜
ICCEとの共働を紹介したWEBページを開設!
4. コラム「『情報ライブ ミヤネ屋』出演、その後」
-------------------------------------------------------
1.
★あいさつ★

春の陽気を感じさせるような20度を超す日が続いたと思いきや、10度以下に逆戻りと、
まだまだ気温の変化が激しいこの頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

フラワーガーデンでは、毎月月間目標を一人一人たてます。
その月間目標を壁に飾るのもただ貼り付けるだけでなく、季節感を取り入れています。
1月は雪だるま、2月は節分、3月はひな祭りといったように、仲間で工夫して飾り付けます。

多くの仲間は幼少期の記憶よりも、最近を思い出して「行事なんてお祝いしてこなかった」と言いますが、
先日のアミティワークでも、幼少期を振り返ると、家族にお祝いしてもらった記憶がポツポツと出てきます。
新たに季節を感じることや行事を行うことで、悲しい記憶から楽しい記憶に塗り替えていきます!

依存症、真っただ中の時には行事なんてできません。
せっかくの回復人生がはじまったのです、色々なことにチャレンジし、回復を楽しんでもらいたいと思います。

フラワーガーデン代表
オーバーヘイム容子

************************************
2.
★「ベリタレ。× RECOVERY TRiBE」
大阪の街にワンネスのメッセージが響いた!(3/13イベント報告)★

大阪の若者文化発信地アメリカ村での地域活性化イベント「ベリタレ。」と、
ワンネスグループが手掛ける若者向け依存症予防啓発活動がコラボレーションしたイベントが、
3月13日(日)、アメリカ村で行われました。
バンド演奏からスタートしたこのイベントでは、薬物依存やギャンブル依存から回復したメンバーや
スタッフらが次々とライブを行い、メッセージを伝えました。

「僕は、この街で薬物と出会い、少し前までは本当に苦しく、周りにもつらい思いをさせたけれど、今、薬物を使わないで生きていられることに感謝しているし、
今はまだ依存症に苦しんでいる人も、僕の姿を見て解決方法があることを知って欲しいです!」

三角公園では、多くの若者や家族連れが足を止め、依存症のヘルプラインが記載されたチラシを手に取ってくれました。

「緊張して頭が真っ白になったけど、参加して気持ちがよかった!」
「まさか、この場所にこのような形でステージに立てるとは思っていなかった。クスリを止めていて本当に良かった!」

ライブに参加したメンバーは、こう語ります。

会場の特設ブースでは、協賛いただいた企業の紹介が行われ、若者に向けた依存症についての認識を調べるアンケートへの協力や、
回復者へのメッセージなどを呼びかけ、85名もの方がご協力くださいました。

「薬物は絶対いけないとあらためて思いました。」
「薬を使う前に人に相談してほしいです。」
「やればできる!! なかなかやめられないことをやめられた皆様を見て、自分も色んなことをがんばろうと思いました。」

などのメッセージが寄せられ、スタッフもまた新たなパワーをいただきました。
今回のイベントをゴールとせず、今後も様々な形で若者たちにメッセージを届け続けたいと思っています。

▽イベント当日のレポートはこちらをご覧ください。
http://oneness-g.com/youth/

************************************
3.
★〜世界の専門家と手を組んで〜
ICCEとの共働を紹介したWEBページを開設!

ICCE(国際アディクション専門職認定教育センター/International Centre for Certification and Education of Addiction Professionals)と
ワンネスグループの連携を紹介したWEBページを開設しました。

ICCEとは、世界中の最新の依存症研究成果をもとに、効果的な回復プログラムを開発し、
その支援を行うプロフェッショナルの育成や、資格取得の運営を行う国際機関です。
ワンネスグループは2014年に正式に加盟し、日本での活動の窓口になっています。
現在、ワンネスグループ代表の矢澤も、ICCEの理事に就任しています。

依存症の専門的な支援の必要性がますます高まる今、
ICCEは依存症ケアの高いスキルを持つスタッフの育成に力を注いでいます。
また、依存症からの回復後の就業支援の一環として、ICCEの資格取得のサポートも行っています。

依存症の辛い経験を、未来への財産として活かし、
同じ苦しみを抱える仲間へ助けの手を差し伸べることができるこの資格を
多くのワンネスグループのスタッフが取得しています。

このたび、ICCEとワンネスグループの活動について紹介したWEBページを開設しました。
ICCEについて、またワンネスグループとの取り組みや最新のカウンセラー資格取得プログラムなどについて
より多くの方にお伝えしていきたいと思います。
ぜひ、ご覧ください!

▽ICCE(国際アディクション専門認定教育センター)特設ページ
http://www.oneness-g.com/icce/

************************************
4.
コラム「『情報ライブ ミヤネ屋』出演、その後」

フラワーガーデンでは、2月にスタッフの井上が、「ミヤネ屋」に生放送で出演させていただいて以来、
依存症を抱える多くの女性やご家族よりご相談をいただいております。
報道の力は本当にすごい!と改めて感じました。
そして、放送を見られた方から

「あの報道を見て勇気をもらいました。」
「私1人じゃないんだ!」
「いつか私も井上さんのように回復したい、変われるかな?」
など、たくさんのメッセージもいただいております。

今回のミヤネ屋さんの報道を見て、実際にフラワーガーデンの利用を開始した方もおられます。
今まで誰にも相談ができず、でも苦しくて、やめたくて、でもやめられなくて、
どうしてよいか分からなかったと彼女は話してくれました。
生きることが、どうにもならない状態までたどり着いてしまっていた彼女は、
ふらふらになりながらも私たちのもとへやってきてくれました。

1つの命が消えることなく、これから新しい人生が始まるのかと思うと感動します。
そして、この仕事に携わることができている喜びを感じます。

オーバーヘイム容子

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■