ワンネスグループ メールマガジン (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ【第4号】
日付:2015/04/23
差出人:ワンネスグループメルマガ[マイナス10からプラス10へ] 

■╋■-----------------------------
薬物・ギャンブル・アルコール
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group (ワンネスグループ) 《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ【第4号】
■┛-------------------------------
2015年4月23日(木)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認なし)>

**************************************

★ICCEリカバリーコーチトレーニングのご報告★

ワンネスグループは設立から10年を迎えます。「マイナス10からプラス10への回復」をモットーに、

早くから、依存症の回復者がその専門職として、新たな自分の道を歩んでいく体制を整えることに取り組んできました。

こうした努力が実を結び、今年から国際的な依存症カウンセラーの資格取得に向けたワンネススタッフの新たなチャレンジが始まります。

その第一歩が、去る3月23日から27日に行われた、ICCE(国際アディクションカウンセリング専門職認定教育センター)のリカバリーコーチトレーニングです。

ワンネスグループのスタッフをはじめとする30名が参加しました。

リカバリーコーチとは、依存症からの回復を目指す人のそばで話を聞き、気持ちに寄り添いながら、生活の中で相談役として支援する仕事です。

ICCEが認定するカウンセラー資格の入口で、リカバリーコーチの資格を取得後は、カウンセラー初級、上級へ進むことが可能です。

依存症治療後進国の日本において、先進国と同じレベルの資格を取得することで、今後、活躍の幅が広がることが期待できます。

また、このライセンスはアメリカの法制度にのっとったものなので、アメリカの依存症治療施設で勤務することも可能です。

この5日間、トレーニングに集中して積極的に学び、どん欲に知識を吸収しようとしている参加者の姿が印象的でした。

講師の皆さんも非常に喜んでくださり、温かな一体感のなかで無事にスケジュールを終えることができました。

ふと思い出します。

参加者の多くが、かつてはワンネスグループのクライアントであったことを。今、彼らは「マイナス10からプラス10の回復」を目指す、生きた証となっています。

ただ回復するだけではない、その先の新しい道を提供したいと、苦労しながらもこだわり続けてきた思いが、確信となった5日間でした。

彼らがここまで成長できたのも、ひとえに皆様のご支援の賜物です。

これからも、私たちワンネスグループを温かい目で見守りくださいますようお願い申し上げます。

ONENESS GROUP
代表 矢澤祐史

リカバリートレーニングの詳しい様子は、会報誌『ONENESS MIND Vol.4』で紹介予定です。
↓↓↓
http://oneness-g.com/nl.html

************************************

★フィリピンの依存症治療共同体「Seagulls Village (シーガルビレッジ)」訪問記★

ICCEのご縁で関係を深めていたフィリピンの依存症治療共同体シーガルビレッジを、
3月上旬、代表の矢澤を含むワンネススタッフ4名が視察しました。

フィリピンの首都、マニラ市から車で1時間半ほどにあるシーガルビレッジは、避暑地で有名なタガイタイ市の風光明媚な場所あります。

シーガルビレッジの開設は1998年。

日本と同じアジア圏の国ですが、アメリカとの関係性が深いこともあって、依存症治療先進国アメリカのノウハウが多く導入されています。

エンカウンターグループを中心とした心理療法プログラムや、施設の仕事を入所者やスタッフが分担し、お互いに助け合って生活するスタイルなど、

ワンネスグループと似通った部分が多く、滞在中にはそれぞれのメンバーが参加して、お互いの特徴的なプログラムを紹介するミニフォーラムを設け、理解を深めました。

訪問の成果はもうひとつ。

シーガルビレッジとワンネスグループが姉妹施設として応援、協力しあい、ともに発展を遂げていこうと約束を交わしたことです。

今回の視察では、たくさんの勇気や希望をいただきました。

近い将来、お互いのプログラムを交換したりスタッフが交流したりすることも考えられるのではないかとワクワクしています。

************************************

★ワンネスグループTV番組『あした笑顔になぁれ』がJ:COM TVで放送開始★

このたび、ワンネスグループが手がける依存症についての専門番組『あした笑顔になぁれ』がケーブルテレビ「J:COM TV」にて放送開始いたしました!!

依存症の基礎知識や、回復に役立つ情報、グループの活動などについて、代表の矢澤と専門家の方々が、わかりやすくお伝えしてまいります。

今、社会的関心が高まりつつある各種依存症について、ひとりでも多くの方に知っていただき、早期発見、早期回復に貢献していきたいと思っています。

タイトルは、日々の笑顔の積み重ねが回復につながるとの思いを込め、明日が今日より少しでも笑顔になるようにつけました。

現在放送は、関東20局に限定されていますが、後日、番組内容をインターネット上で公開いたします。

準備が整い次第メールマガジンやワンネスグループHPでもお知らせいたしますので、視聴できない地域にお住まいの方々も、ぜひご覧ください。

■『あした笑顔になぁれ』ケーブルテレビJ:COM TVにて放送中

●毎週月曜14:00〜14:15/木曜22:30〜22:45 ※4〜5月放送スケジュール

●J:COMTVで視聴可能なエリア(関東計20局)

足立局/東京北局/板橋局/東京 東エリア局/葛飾局/東京 南エリア局/すみだ・台東局/中野局/港・新宿局/江戸

川局/世田谷局/大田局/

調布局/武蔵野・三鷹局/西東京局/東京 西エリア局/日野局/多摩局/八王子局/町田・川崎局

………………………………………

★イベント情報★

近く開催される予定のワンネスグループのイベントをご紹介します。

依存症から回復したい方、依存症の方を抱えるご家族、依存症に関心のある方、
心理カウンセラー、セラピスト、精神福祉や心理療法関係の方、
医療機関、司法関係の方、ぜひご参加ください。

詳しくはこちら↓↓↓
http://oneness-g.com/semi.html

………………………………………

★女性のための回復施設「FLOWER GARDEN (フラワーガーデン)」のご紹介★

依存症は主に男性の病気であるという思い込みの中で、たくさんの女性が、必要な治療を受けられずに苦しんでいます。

ワンネスグループは、日本で初めて治療共同体メソッドに基づいた、女性のための回復施設フラワーガーデンを、2014年6月奈良県橿原市に設立いたしました。

フラワーガーデンでは、女性スタッフが中心となってサポートにあたり、女性が安心して回復に取り組むことができる場を提供しています。

また、入所から退所まで段階制を設け、進捗度に合ったプランを検討し、プログラム提供をしています。

回復の過程で女性らしさ、人間らしさを引き出し、ひとりの人間として尊厳を持ち自立して生きていけるよう包括的なサポートを行っています。

※フラワーガーデン1周年記念フォーラムを開催します。
平成27年6月27日(土)13:30-16:30予定
大阪市立総合生涯学習センター(研修室)
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.f-garden-ag.org/

………………………………………

★編集後記★

新緑がまぶしい季節。野山が一斉に萌黄色に染まっていく様は驚きに満ちています。

木々をぬける風や光を感じながら、いつもよりもゆっくりと歩いてみると、自分の内側から自然と喜びがあふれてくるのを感じます。

今、ここに生きるということ。

私たち人間は、本当は身体でちゃんと知っているのかもしれませんね。

草木や花が、太陽を求めて一心に伸びようとするように、私たちの中にも「より良く生きたい」という思いが、自然に備わっています。

私たちがすべきことは、その小さな種を見過ごさず大切に育むこと。

今回から、メールマガジンのタイトルが「マイナス10からプラス10へ」に変わりました。

ただ依存対象をやめ続けるということではなく、より自分らしい豊かな人生を手にすること、それがワンネスグループの目指す回復です。

誰もが自分の 内の「より良く生きたい」という心の声に耳を傾ければ、今この一瞬一瞬を慈しんで生きることにつながります。

それは、希望を持って生きること、と言い換えられるかもしれません。

メールマガジンでは、ワンネスグループを象徴するこの言葉をタイトルに掲げ、ますます飛躍するワンネスグループの活動を皆様にお伝えしてまいります。

何卒、変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

………………………………………

「マイナス10からプラス10へ」

依存症で苦しんでいるときはマイナス10。

依存症を回復して普通の生活が送れるようになることが0。

そして本当の自分らしく輝き、より良い人生を歩むならば、それはプラス10と言えるでしょう。

ワンネスグループはこの言葉を理念とし、プラス10の回復を目指して日々活動に取り組んでいます。


★ お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、
 ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただければ幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループ メールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※依存症経験者や家族の立場のスタッフが対応いたします。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com


◆メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

◆バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

◆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■