ONENESSメルマガ (バックナンバー)
----- Oneness Group -----



件名:マイナス10からプラス10へ 【第44号】
日付:2016/06/01
差出人:薬物・ギャンブル・アルコール依存症回復支援のエキスパート Oneness Group 

■╋■-----------------------------
ギャンブル・アルコール・薬物
依存症回復支援のエキスパート!
Oneness Group《メルマガ》
■╋■-----------------------------
マイナス10からプラス10へ
【第44号】
■┛-------------------------------
2016年6月1日(水)

**************************************
このメールは、一般財団法人ワンネスグループ関連のメルマガ登録された方、
過去にワンネスグループのセミナー、イベントに参加された方、
ワンネスグループ代表矢澤祐史、スタッフと名刺交換された方にお送りさせていただいております。

お友達やお知り合いで、ワンネスのメルマガがお役に立ちそうな方がいましたら、ぜひ、お知らせいただき、ご登録いただけたら幸いです。
ご登録は、ワンネスグループ公式サイトから。 http://oneness-g.com/

配信を停止されたい方は、誠にお手数ですが、こちらにアクセスし配信停止してください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
**************************************
-------------------------------------------------------
★ワンネスプレイス
沖縄の自然に抱かれた安心の空間。
依存症リカバリーセンター ワンネスプレイス沖縄

エグゼクティブリカバリー
とくに高い機密性を必要とされるVIP・法人役員・著名人の方は
こちらにご連絡ください。
http://place.oneness-g.com/
TEL0120-200-069
-------------------------------------------------------
■LINE公式アカウント開設!!
「@oneness-g」でID検索を!
お友だちでつながりましょう。

メッセージの送信可能です!

□MENU―――――――――
1. あいさつ(ワンネスグループ代表理事)
2. 6月1日施行「刑の一部執行猶予制度」
3. 開催間近! 6月8日・渋谷にてエリクソン催眠講演会
4. コラム「フラワーガーデンスタッフ井上がテレビ出演」
-------------------------------------------------------
1.
★あいさつ★
メールマガジンをお読みの皆さん、こんにちは。

今週よりついにエリクソン催眠の真髄を存分に学んでいただくワークショップがスタートします。
ロクサーナ先生、ダン・ショート先生を東京にお迎えし、最終準備を行っています。参加してくださる方には、すばらしい体験をしていただけるよう、スタッフ全員でお迎えいたします。最高のひと時を送りましょう!

また私ごとですが、今、ワンネスグループスタッフの奥さまが、いよいよご出産を迎えようとしています。生まれてくるお子さんは、私たち全員の希望となってくれることと思います。私も待ち遠しい限りです。

スタッフの幸せは、ワンネスグループの幸せ。本当にうれしい、うれしいことです。

2016年も折り返しに向かう月となりました。今月もグループ一同、それぞれの回復、それぞれの職務に励んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

一般財団法人ワンネスグループ
代表理事 矢澤祐史

************************************
2.
★6月1日施行「刑の一部執行猶予制度」★

本日、「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律」が施行されました。
この法律は、主に薬物使用の再犯防止と犯罪の根本にある問題の解決を目指したもので、
懲役や禁錮刑などの服役後、残りの刑期の執行を猶予するものです。

覚せい剤などの違法薬物使用については、検挙者に占める再犯者率が年々増加しています。
その背景には、薬物依存症の問題が隠れていることも少なくありません。

これまで裁判を経て下された有罪判決には、実刑か執行猶予かのどちらかしかなく、
実刑で刑務所において矯正教育、薬物離脱指導などを受けてもまた薬物に手を出してしまうという、ケースが多くありました。
しかしこれからは、執行猶予期間中に更生プログラムを受けたり、回復支援施設へ入所したりして、依存から抜け出すための専門的支援を受けることが可能です。

現在、ワンネスグループは数カ所の刑務所内で依存症脱却のためのプログラムを行っています。
薬物のみならず、ギャンブル依存についても所内プログラムに協力させていただいています。
刑期中でも出所後でも、依存症脱却のためのプログラムを学ぶことで、多くの方が新たな希望を手にされていることを実感します。

今、矯正施設に入所されている方にも、ぜひプログラムやワンネスグループのような団体があることを知っていただき、
ひとりでも多くの方に、プログラムを手渡していきたいと思っています。

ワンネスグループには、依存症についてマンガと解説でわかりやすく解説した小冊子があります。
グループホームページ内から無料でダウンロードしていただけますので、プリントアウトしていただき、
差し入れのひとつにしていただければと思います。

▽ダウンロードはこちらから
http://oneness-g.com/books.html

▽アディクションラボHP「再犯防止と犯罪の根本にある問題の解決を目指して、「刑の一部執行猶予制度」6月からスタート」
http://addiction-lab.com/再犯防止と犯罪の根本にある問題の解決を目指し/

************************************
3.
★開催間近 6月8日・渋谷にてエリクソン催眠講演会

昨年9月に開催され大絶賛を受けた、エリクソン催眠ワークショップの第二弾。
「エリクソン催眠2016 プラクティショナー認定コース&マスタープラクティショナー認定コース」がいよいよ明日から開催されます!!

6月8日(水)にはお二人の来日を記念して、エリクソン催眠の効果・研究の蓄積をご紹介する「ロクサーナ・エリクソン博士、ダン・ショート博士講演会」を開催いたします。
ワークショップとはまた異なる趣向で、お二人の魅力や研究の全体像を知ることができる機会です。
エリクソン催眠を初めて知って興味を持ったという方も、ぜひお気軽にお越しください!

◎ロクサーナ・エリクソン博士&ダン・ショート博士 来日記念講演
●日時:2016年6月8日(水) 18:30〜20:45 (開場18:15)
●場所:東京ウィメンズプラザホール (東京都渋谷区神宮前5-53-67)
●一般の方:5,000円(税抜)
●日本医療催眠学会会員の方・日本カウンセラー学院の方:4,000円(税抜)

▽詳しくはこちら
http://jaai.oneness-g.com/semi_roxanna/

▽お問合せはこちら
0120-200-069

************************************
4.
コラム「フラワーガーデンスタッフ井上がテレビ出演」

「情報ライブ ミヤネ屋」をはじめ、テレビや新聞などを通じて、自身の依存症からの回復体験をメッセージし続けている、
フラワーガーデンスタッフ・井上麻希が、6月8日(水)夜放送のテレビ番組
に出演します。

この番組にワンネスグループは、薬物依存についての取材で協力しています。
本人が乱用から依存へと進行していく際の前兆を明らかにするとともに、
問題からどのように抜け出すことが出来るのかについて、
フラワーガーデンスタッフの井上麻希が、自身の体験も交えて解説します。

依存の苦しみから抜け出し、自身の人生を大切に歩んでいる井上の明るい笑顔と、
ワンネスグループ皆のポジティブなエネルギーが、日本中の皆様に伝わっていることを実感します。

これからもどうぞご声援をよろしくお願いいたします!!

■水トク!『実録 まさかのオーメン』
6月8日(水) 19:56〜TBS系全国ネット
出演:みのもんた、堀ちえみ、カンニング竹山ほか
http://www.tbs.co.jp/suitoku/

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンネスグループメールマガジン
「マイナス10からプラス10へ」

【発行】
一般財団法人ワンネスグループ
【制作・編集】
三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)

■依存症相談ダイアル(相談無料)
フリーダイヤル 0120-111-351
《受付時間》月〜金 10:00〜17:00
※専門のスタッフが対応いたします。安心してご相談ください。

■連絡先
ワンネスグループ 奈良オフィス
〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
E-mail: info@oneness-g.com

■ワンネスグループ公式サイト
https://oneness-g.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■